呼び戻しのしつけ方

ドッグランなどで飼い主が呼んでも戻ってくる気配が無く、それどころか追っかけると逃げていってしまって飼い主と追いかけっこ状態になっている光景を目にする事があります。

「追いかけっこじゃないんだから」と飼い主さんは息を切らしながら思いますが、その時犬のほうではまさに『追いかけっこ』だと思って楽しんでしまっています。

呼び戻しをしつけるには

呼び戻しには命令としての「コイ」をしつけなければなりませんが、家の中で「コイ」をしつけるのは難しいです。
ロングリードを使用して屋外の広い場所で練習しましょう。

呼び戻しのしつけは基本的には単純に、なるべく離れたところからコイの命令を出して、来たらご褒美をあげて褒める、の繰り返しとなります。

コイと命令を出しても自主的に来ない場合はリードを使って注意を引いたり、手繰り寄せたりして足元まで来させます。
その場合でも来た後は褒めてご褒美をあげてください。

コイと命令されて飼い主の下へ行けば良いことがあるという事を学習するまで反復してしつけましょう。

呼び戻したい時に慌てて大声を出しながら追いかけるのは犬にとって飼い主との楽しい追いかけっこが始まり逆効果となります。

最も注意したい点は、家に帰る時だけに「コイ」という命令を出さないことです。

毎回「コイ」と命令を出した後、すぐに抱き上げたりリードを付けて帰宅したりしていると、飼い主に呼び戻されれば自由を奪われる、という学習をしてしまいます。

遊んでいる最中から度々「コイ」の命令を出して、来たら褒めておやつをあげるという習慣をつけましょう。

スポンサード リンク

Home > 散歩のしつけ > 呼び戻しのしつけ方

Search

Return to page top