引っ張り癖のしつけ

散歩に大喜びでで「早く行こう」とぐいぐい引っ張る犬の姿は可愛いですが、毎日2回の散歩で引っ張られ続ける飼い主は大変ですよね。

力の弱い小型犬ならそれほど気にならないかもしれませんが、力の強い大きな犬に引っ張り癖があると益々大変です。

いずれにしろ犬が好き勝手にぐいぐい引っ張って歩くと車や自転車への飛び出し拾い食いなどの危険もあるので、飼い主の横にぴったりと付いて歩けるようにしつけるほうが良いでしょう。

引っ張り癖を止める

引っ張り癖をしつけるにはまず、引っ張ったら止まる、という動作を繰り返します。

リードがピンと張るほど引っ張ったら飼い主はその場に止まります。
必要以上に引っ張り返す必要は無いので、そのまま犬が引っ張るのを止めてリードが緩むまでじっと耐えましょう。
リードが緩んだらおやつをあげて褒めてあげます。

再び歩き出すとすぐに引っ張り始めるのでまた立ち止まります。
大変ですがこれを忍耐強く繰り返し、引っ張ったら前に進めなくなるということを教えましょう。

横に付ける

横につけて歩くためにはまずアイコンタクトをしっかり取れることが必要です。

犬が飼い主の横について歩くためには、飼い主の動きに集中させなければいけません。

歩いていて少し前に出てリードを引っ張り出したら名前を呼んでみます。
振り向いてアイコンタクトが取れたらご褒美をあげて褒めてあげましょう。

もしアイコンタクトを取らずに前に引っ張り続けたらまたその場に止まります。
これを繰り返して下さい。

ぐいぐい引っ張っても前に進めず、飼い主の動きに集中していればご褒美が貰えるという図式を学習するまで反復します。

スポンサード リンク

Home > 散歩のしつけ > 引っ張り癖のしつけ

Search

Return to page top