マウンティングのしつけ方

マウンティングとは他の犬や人の足、クッションなどの物に対して上に乗るようにして腰を振る行動です。

マウンティングの意味

一つは発情期のオスが繁殖行動としてマウンティングをする場合です。
発情期によるマウンティングを止めさせたければ、去勢手術を受けることでぴたっと治まることが多いです。

しかし、多くの人が全てのマウンティング=発情期と誤解していますが、実際は性的な意味以外でのマウンティングも多く、メスでもマウンティングをする犬はいます。

性的以外の意味でマウンティングをする要因の一つに、順位付けの確認があります。

他の犬や人に対して、自分のほうが立場が上だという自己主張のためにマウンティングをするのです。

また、それ以外の要因では興奮し過ぎによる行動制御の不能があります。
滅多に無い来客などがあると嬉しくて興奮してしまい、マウンティングしてしまう場合です。

マウンティングを止めさせる

犬同士の場合、本能的な行動ではありますが、ドッグランなどで他の犬や飼い主に迷惑がかかる問題行動ですので、飼い主のマナーとしてすぐに止めさせましょう。

止めさせる方法は名前を呼んでアイコンタクト、またはコイで呼び戻すしかありません。
恥ずかしさから飼い主が慌てて騒いでも、犬は褒められていると勘違いする可能性があるので、まずはコイのしつけを徹底しましょう。

また、人に対してのマウンティングはそれが順位付けであった場合、放っておくと主従関係が崩れる原因となる事もあるのですぐに止めさせなければいけません。

来客にマウンティングしてしまう場合は興奮し過ぎによる事が多いと思われます。
飼い主がアイコンタクトを取って止めさせ、興奮が鎮まるまでオスワリをさせておくと良いでしょう。

興奮時にもきちんと飼い主の言う事を聞けるかは、普段からの信頼関係が影響します。
どうしても興奮し過ぎてしまう犬の場合は来客時には興奮が鎮まるまでサークルの中へ入れておくほうが良いでしょう。

スポンサード リンク

Home > 問題行動のしつけ > マウンティングのしつけ方

Search

Return to page top